改訂版RSS簡単表示JavaScriptと枠画像の装飾

投稿日: カテゴリー: RSS
この頁を印刷
2016/09/25 追記
日本人専用のブログ(ガラパゴスシンドローム・ブログ「ガラブー」)So-netブログ専用に作成した「複数のアカウントを指定する」と、それだけでRSSを表示する埋め込みコードを、コピー&ペースト操作だけで自動生成するブログ記事を紹介しました。「自分の5つのブログのRSS情報を日付順に表示させましょうか」です。 今回、同じ公開JavaScriptを、「So-netブログ専用」から、「汎用」にプチ改訂しました。
実績
  • WordPress フロントページを固定ページ化して利用しています。
  • XOOPS ゴーストタウン化していますが、RSS表示の為に役に立って欲しいです。
  • So-netブログ 枠画像を利用するコピー&ペースト記事へのリンクがあります。
従来はSo-netブログ専用でしたが、自分の為に、JavaScript変数に広くRSSアドレスを指定出来る様にしました。
利用手順の復習

自分の5つのブログのRSS情報を日付順に表示させましょうか

記事「自分の5つのブログのRSS情報を日付順に表示させましょうか」で、適当に2つのテキスト入力欄に、例えば「AAA」と「BBB」を入力し、「自動生成」ボタンを押す。するとJavaScriptが生成される。 選択可能なパラメーターの意味は記事を参照願います。

生成されたコードを修正する

修正する箇所は、変数「 var UrlsOfRSS2014=new Array () 」の中身です。 例では:var UrlsOfRSS2014=new Array("AAA:","AAA","BBB:","BBB");となります。
  • 文字列変数は2個で1組です。今回の例では2つのパラメーターを入力したので4つの変数が定義されました。
  • 先に出現する文字列変数はコメントです。
  • 後に出現する文字列に、あなたが希望するRSSアドレスと交換してください。 情報の先頭は半角小文字「 http 」である必要があります。
後は目的の WordPress, XOOPS, 他ブログへ埋め込みます。

WordPressのフロントページに表示させます

WordPressで悩みました。 「フロントページを固定ページに設定しつつ、最新の投稿ページも使いたい! | WPnavi」の記事に救われました!

2016/09/25 追記
わたしが語る「文字化け」とは、「日本語を母国語としない特に海外からの接続ブラウザーで日本語が文字化けする」ことであって、その文字化け対策を話題にしています。 ところが、日本の検索エンジンで「文字化け」を検索すると、その大半は、日本国内に氾濫してしまった複数の「日本語文字コード」にあります。 RSSを表示する為のJavaScriptを自動生成するコピー&ペースト記事で、当初「So-netブログに限定」したのは、この日本国内に氾濫してしまった複数の「日本語文字コード」問題を回避することを目的としていました。 今回、「汎用」化してしまいましたので、日本国内に氾濫してしまった複数の「日本語文字コード」問題が浮上します。
無料のWEBサーバーXREAで、WordPress を構築する場合、データーベース「MySQLの追加」において、「文字コード」は「 UNICODE 」を選択し、WordPress が「UTF-8」文字コードを宣言しなければ、サイト間をまたいだRSSの表示はできません。 初めてのXREA無料サーバーで、データーベース「MySQLの追加」において、初期値の「文字コード」は「 UNICODE 」ですし、CGI/スクリプト自動インストールによる「WordPress 4.5 (ブログ/CMS)」でインストールされる初期値も「 UTF-8 」ですから、初期値のままにセットアップすれば、日本国内に氾濫してしまった複数の「日本語文字コード」問題を回避できます。 日本語専用のガラパゴスシンドローム・漢字コード「ガラコー」を選択しないで、国際標準コードである「 UTF-8 」文字コードに含まれている日本語をご利用願います。 「 UTF-8 」以外の、日本国内に氾濫してしまった複数の「日本語文字コード」を故意に選択された場合は、自力で問題回避策を講じないと、本記事でご案内しているRSSを表示する機能は利用不可能となります。